blog index

ひとみ助産院のブログ

八王子 めじろ台にあるひとみ助産院でのイベントや日々の出来事を紹介しています
なーべらーず練習会
0
    今日はなーべらーず練習会。

    初めて参加のNさん、お子さんと一緒に風の子の部屋に遊びに来てくれました。

    いつも来ているメンバーのSちゃんと楽しそうに遊んでくれている隙に練習。

    なーべらーずの練習会は三線練習の他の
    沖縄話や、子育ての話で盛り上がることも多くて楽しい時間。

    今日は男の子のおちんちんのむきかたについての笑い話。

    今は男の子の育て方、という本も出てるほど母親にとっては異性の男の子の体や行動には謎が多い。

    私は第1子が男の子だったので、全てが面白く、新鮮でした。

    ネタの宝庫です。

    いっぱい喋って笑って楽しい練習会でした。
    三線や沖縄の好きな方、どうぞ遊びにいらしてくださいな。

    19日土曜日は三線指導者、泉先生が13時30から15時30まで
    レッスンしてくれます。

    泉先生のレッスンは、2時間2000円で受けられますよ。


    | hitomijosanin | つぶやき | 21:24 | - | - |
    幸せな一日
    0

      新緑眩しい4月吉日、とても幸せな一日を過ごしました。

       

      昨年閉演した風の子幼児園ですが、昨年のこの時期に、「10周年の同窓会」をしていただいたのをきっかけに、

      今年も何かやりたいね、という一言から、「風の子園遊会」を開催することとなりました。

       

      そんな話をしたのが、1か月半前。

       

      「新年度始まったばかりだし、新しい学校での生活など話に来てくれたらいいね。でもみんな忙しいかな~?」

      と、一体何人の方が集まれれるかな~?と発起人の方たちと少々不安交じりに思っていたのですが、

      当日は高校生から年中さんまでの卒園児45名、36家族の総勢95名の方が、いらしてくださいました。

       

      思い思いに公園に集まり、レジャーシートを敷き、砂場で泥団子を作ったり、鬼ごっこをしたり、

      落木で野球をやったり、植込みの間でごっこ遊びをしたり。

       

      夫が車椅子で公園に降りたときには、照れくさそうに、恥ずかしそうに、懐かしそうに、

      車椅子の周りに集まってきたり、遠目で見たり、遊びながら様子を伺ってみたり。

       

      何とも言えないその空気感が優しさに満ち溢れていて、映画のワンシーンのように幸せな時間でした。

       

      夫の園行事には、全く関わった事はなく、病気がわかり閉園が決まってから何度か園行事に関わらせて

      いただきましたが、本当に保護者の皆さまが、心温かくお子さんの育ちを見守り、風の子の保育に賛同して

      下さる方たちばかりだったので、

      改めて、夫は自分の人生をかけた仕事として、自分の保育理念を実践できる子ども達と出会え、

      大切なお子様を託して下さる保護者の方たちと出会え、幸せな10年間を過ごしたのだろう、

      と感慨深くこの時間を過ごしました。

       

      いつも園児たちの自慢話を聞かされていましたが、夫は久しぶりに会う卒園児たちの成長ぶりに、

      一層、驚き、喜び、誇りに思ったようです。

      だって、おもちゃを取り合ったり、汚れるのが嫌で田んぼに入らなかったり、バスの中で泣いていた子たちが、

      進路の話をしたり、目標を語ってくれたり、特技を披露してくれたりするんですもの。

       

      本当に幸せな一日でした。

      来て下さった方、気持ちを送ってくださった方、本当に有難うございました。

      そしてまた、風の子に、大切なお子様を託して下さったご家族の皆様、心から感謝申し上げます。

       

      夫は素晴らしいお子様たちと過ごした「幸せの時間」を頂いた世界一の幸せ者だなぁ。

       

       

       

       

       

      | hitomijosanin | つぶやき | 17:20 | - | - |
      新緑の候
      0

        鶯が気持ちよさそうに鳴き声を披露してくれる新緑の季節となりました。

        ひとみ助産院の近くの公園では、めじろ、ムクドリ、うぐいすが嬉しそうに飛ぶ姿が

        見かけられます。

         

        ムクドリは夫婦仲良し。両親で子育てをし、エサ探しもいつも一緒。

         

        この家に引っ越してきたとき、リビングから見える隣のアンテナに、いつも二匹で留まって、

        新しい住人を見極めているようでした。

         

        お陰様で今、私たち夫婦もムクドリのようにいつも一緒に過ごすようになりました。

         

        それぞれに、大切な命を預かる仕事に恵まれ、私は助産院を、夫は風の子幼児園を運営し、

        本当に素敵なご家族とお子様たちに、命の誕生を、それを祈り見守る家族たちを、

        子供の成長とともに、家族の成長と絆を、沢山見せていただきました。

         

        一昨年、夫の難病がわかり、昨年から分娩の取り扱いをやめ、助産院でのケアのみにさせていただき、

        これまでお互い仕事優先で休みもないのが当たり前だった毎日でしたが、

        今はのんびり夫婦で過ごす時間が増えました。

         

        夫は病気と向き合い、辛い時期もありますが、沢山の方に支えられ、祈っていただき、幸せに過ごしています。

        私は「全ての出来事は起こるべきして起こる」といつも思っていて、きっと私達夫婦にとっては

        この時間が必要だったのだろうと思っています。

         

        また、助産院に来て下さる赤ちゃんに元気を頂き、来てよかった、と喜んでお帰りになるママ達にもまた、

        喜びを頂いています。

        心よりご縁に感謝します。

         

         

         

         

         

        | hitomijosanin | つぶやき | 18:07 | - | - |
        0

          大切な存在を失う、ということは、人生の中で、何度か遭遇すると思います。

           

          旅立つ人は必ずこの世で生きた証を残し、後世に残る人に導きを残す。

           

          そうとは分かってはいても別れは本当に辛いものです。

           

          6年前に当院で出産を2回、共にしたご家族のご主人が他界されました。

           

          19年出産に関わらせていただきましたが、この様な悲しい知らせは5人目になります。

           

          命の誕生では逞しさと、力強さ、生きるエネルギーを日々感じていましたが、」

           

          命は悲しいけれど、儚ない一面もあります。

           

          4年前に四国の中島に移住して「みかん助産師になります。」と毎年愛情込めて育てた

           

          美味しい蜜柑を送ってくださっていたご夫妻。

           

          1年半前に、島での様子を夫婦仲良く楽しそうに話しに来て下さったのに、

           

          きっと治ると信じて夫婦で頑張ってきたのに、神様は、なんと辛い試練を与えるのだろう、と

           

          思ってしまいます。

           

          残された多くの人の悲しみの深さを、その人と共に過ごした思い出を語ることで少しでも

           

          癒されれば、と人は集い、在りし日の姿を偲んで語り、笑い、泣き、今命ある事へ感謝する。

           

          どうか、お子様たちの健やかな成長を空から見守っていてくださいね。

           

          貴方の愛した伴侶は、家族は、あなたの残した楽しい思い出と共にずっと一緒に

           

          貴方の愛した島に戻って、美味しい蜜柑を育ててくれますよ。

           

          安心して見守っていてくださいね。

           

          これからも、みずたま農園、応援してます。

           

          大切な娘のようなMさんへ

           

           

           

           

          | hitomijosanin | つぶやき | 18:05 | - | - |
          本日赤ちゃん交流会です
          0

            | hitomijosanin | つぶやき | 06:37 | - | - |
            新雪の中の温かい気持ち
            0

              4年ぶりの関東地方の大雪

               

              昨年の降る降る詐欺のようになってほしいな、と思っていましたが

               

              予報どうりの大雪。

               

              翌朝は眩しい程の雪景色、木々が輝いて美しいのですが、、、ここがゲレンデだったら小躍りして喜ぶのに、、、。

               

              助産院横の長〜い階段は妊婦さんと陣痛が弱い時に一緒に昇降した懐かしい場所。

               

              小学生の通学路でもあるのです。

               

              毎年、近所の方や夫が雪かきしていたのですが、

               

              今年は休診日でもあり、私が頑張るか!!と

               

              重装備で外に出ると、既に下から雪かきして登ってくださっていました。

               

              私より20歳ぐらいは年上の方。

               

              「昨日の夜は息子が少しやってくれたの。だから今日は楽なのよ。」

               

              と柔らかな笑顔。

               

              64段ある階段をスコップで子どもたちが通れる幅、雪かきして登ってくるのに、どれだけ時間と

               

              体力を使われたことか。

               

              誰も見ていないところで、誰かのために、と優しい気持ちで働いてくれている人がいる。

               

              ご近所で助け合う有り難さ。

               

              大雪もまた、ご近所の交流ができて有り難い一面もありますね。

               

              昨年105歳で天に召された、日野原重明先生の「いのちの使い方」という本にも、ペイ、フォワード、という言葉が出ていましたが

               

              日本語では「恩おくり」として、誰かのために自分の時間を使うことで、幸せを感じられた方もいたと思います。

               

              私もそのあと、娘とそんな時間を持てて幸せでした。

               

              すみえさん、素晴らしい本を紹介してくれてありがとうございます。

               

              日野原茂明先生  「いのちの使い方」

              https://www.shogakukan.co.jp/books/09406482

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              | hitomijosanin | つぶやき | 14:06 | - | - |
              新年のつぶやき
              0

                新年あけましておめでとうございます。

                 

                新年のご挨拶を沢山いただき、ありがとうございました。

                 

                お子さんの成長や、新しい門出など、ご家族の成長をお知らせいただき、

                懐かしく、嬉しく拝見させていただいています。

                 

                誕生もあれば、旅立ちもありますね

                 

                人は誕生した瞬間から旅立ちに向かって生きている、とも言われます。

                人生いろいろ。

                彩り良い人生ばかりではありませんが、色づけるのは自分自身。

                 

                人の一生は長さではなく、その人生の中でどう生きて、何を伝え、誰と繋がってきたか、

                だと思います。

                 

                中にはこの世に生まれて来れなかった命もあるでしょう。

                でも、お腹の中に宿った時にママに、周りの方たちに、何かを伝える役割を果たして、

                安心して旅立つのでしょう。

                また、90年余この世界で生きてこられた先達は、戦争や戦後、貧しい時代からバブルの時代、

                想像できない程の変化に富んだ人生を送り、子孫に生きる知恵や厳しさと喜びを伝えてきたのでしょう。

                 

                この世からの旅立つ時がある「命」だからこそ「今」を大切に感謝して愉しみ生きたい。

                初日の出を見ながら「愉しむ」という字が浮かび、そんなことを想いました。

                 

                今年も皆様にとってかけがえのない、喜び、愉しみの多い良い一年になりますように。

                | hitomijosanin | つぶやき | 20:42 | - | - |
                ありがとうの輪
                0
                  昨日の嬉しかったこと。


                  遠方から乳房ケアの為、助産院に初めて来てくださったかたがいました。

                  山田駅を降りた所で、お子さん連れの道行く方に
                  「助産院にはどちらの方向に行ったらいいですか?」と声をかけたそうです。

                  すると「一緒に行きますよ。」とお子さんと一緒に助産院まで来てくださったそうです。
                  歩く道すがら
                  「助産院で産みたかったけど一人目で難産だったから諦めたんです。」と話してくれたそうです。

                  助産院に来て直ぐに、
                  「とても良い出会いがありましたー」
                  と笑顔。

                  帰り際にも
                  「胸が痛くて来たけれど、素敵な出会いもあって胸も楽になって、本当に良かった。ありがとうございました。 」
                  と満面の笑顔でお帰りになりました。

                  山田駅から寒い中、お子さんと一緒に歩くのは大変だったと思います。

                  「ありがとうの輪」をお返ししたいのですが、
                  どなたかわからないのでこの場を借りて。

                  素敵な優しい気持ちを、
                  ありがとうございました。
                  | hitomijosanin | つぶやき | 07:14 | - | - |
                  月と太陽
                  0


                    1月3日 早朝の満月。

                    月を見上げる度、生まれでる時に想いを馳せ、祈り、気を引き締め、パワーをもらってきました。


                    お産から離れていても、満月には何処かで生まれでようとする命に、無事産まれます様に、と祈る。

                    月に星に、太陽に、海に、大地に、神に、ご先祖様に

                    祈ることで命のエネルギーを頂いている気がする。
                    | hitomijosanin | つぶやき | 10:24 | - | - |
                    新年
                    0




                      新年明けましておめでとうございます。

                      今年も神々しい初日の出を見ることが出来ました。
                      この日の出に何度も手を合わせ感謝し祈ってきました。
                      出産が無事に進むこと、赤ちゃんが健康に無事生まれ育つこと、家族の健康、出逢いと再会、目標が達成されること、今日1日が良い一日であること、欲張りすぎるほど手を合わせてきました。

                      今年もまた、感謝を込めて新年に挨拶。
                      今年は「愉」の年にしたいな。

                      沢山の方の祈りに、感謝を込めて


                      | hitomijosanin | つぶやき | 11:21 | - | - |
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << May 2018 >>

                      bolg index このページの先頭へ